料理専門学校に通うと就職活動でもチャンスが多い

ロゴ

料理人を目指している方へ

「料理人やフードコーディネーターを目指したいけど、何から始めればいいのかわからない」という方は、基礎からしっかりと教えてくれる専門学校に通うことがオススメです。

シェフとコックの違い

シェフ

シェフは、英語でチーフとも呼ばれ、厨房でリーダーとして活躍する料理人のことをいいます。そのため、調理以外にも自分でメニューを考えたり、仕入れる材料を決めたりする仕事があります。厨房のリーダーとして働くため、厨房のスタッフにも的確に指示を出さなければなりません。やりがいは大きいですが責任も大きい仕事です。

コック

コックは、一般的に厨房で料理をする全ての料理人のことを指します。そのため、シェフから指示をもらって料理をする料理人もコックという立場になります。コックとして働いて経験を積んでいくことで、コック長として選ばれることもあります。コック長はシェフのことです。料理人は誰でもコックから始まります。

食に関する仕事

メンズ

様々な場所で活躍できるフードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターは食の専門家とも呼ばれていて、メニューの考案やコンサルティング、料理教室の講師など幅広い仕事をすることができます。

READ MORE

食に関する人気の資格

調理師

食に関する資格で最もメジャーなものは調理師免許でしょう。調理師免許を持っていなくても飲食店で働くことはできますが、一人前の料理人になるにはとっておきたい資格の1つです。調理師免許を持っていると、新しくレストランや料亭に雇ってもらうときも基本的な知識やスキルを証明することができます。

栄養士

栄養士も人気の資格の1つです。食の栄養に関する専門的知識が必要とされます。栄養士になるためには、国に認可された学校を卒業しなければなりません。栄養士が働ける就職先は様々で、病院や保育園、給食会社などが挙げられます。料理を提供している施設では必要不可欠な存在といっても良いでしょう。

ふぐ調理師

ふぐ調理師という資格も存在します。ふぐは毒性が強く、調理には特別な技術と知識が求められるので、ふぐ料理を提供するためにはふぐ調理師の免許が必要になります。全国で統一されているわけではなく、都道府県によってふぐ調理師の資格取得の条件や難易度は変わります。住んでいる地域の資格取得条件を調べておきましょう。

食品衛生責任者

食品の製造や加工などを行うために必要な資格が食品衛生責任者です。飲食店営業をする際に調理師免許を持っている必要はありませんが、食品衛生責任者の資格は持っておく必要があります。食品衛生責任者のための講習を実施している団体に問い合わせることで、資格取得のための条件を知ることができます。

[PR]料理の技術は専門学校で学ぼう
夜間・週末に利用できるコースを提供中

[PR]調理の技術が学べる高校を紹介!
夢を実現させる近道☆

[PR]フードコーディネーターの資格を取ろう
必要な知識をしっかり習得

料理専門学校に通うことで得られる2つの利点

コック

将来の仕事に必要な基本知識が学べる

料理を学べる専門学校は全国にいくつもあります。代表的な学校として辻調理師専門学校が挙げられるでしょう。また、調理の専門コースを設けている高校もあります。このような専門学校で料理を学ぶことのメリットの1つが、将来の仕事に必要な基本知識を効率的に手に入れられることです。調理の技術や知識だけではなく、衛生管理の基本や栄養学など、料理人としての幅広い知識を身につけることができます。

就職がしやすい

専門学校は多くの企業や飲食店とのつながりが強いため、就職がしやすいことで有名です。フードコーディネーターになりたければ、そのための道を用意してくれます。もちろん、学校で努力をして優秀な成績をおさめることが前提です。しっかりと学校で学ぶことができれば、就職のチャンスは大きく広がります。

広告募集中