様々な場所で活躍できるフードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターは多種多様な業界で働ける食の専門家

ロゴ

様々な場所で活躍できるフードコーディネーターの仕事内容

メンズ

フードコーディネーターとは

近頃、食に関する仕事の中でも目指す人が多くなっている職業がフードコーディネーターです。フードコーディネーターとは、簡単にいうと「食のプロフェッショナル」のことです。飲食店のコンサルティングをしたり、料理教室を運営したり、テレビや雑誌に載せる料理の盛り付けを考えたりと、食に関する様々な仕事を受けることができます。フードコーディネーターとして企業で働く人もいますが、フリーランスとして多種多様な業界で活躍する人もいます。豊富な知識や経験、高いスキルが求められる仕事ではありますが、大きなやりがいを感じる仕事でもあります。

フードコーディネーターになるには

医師として働くためには医師免許が絶対に必要ですが、フードコーディネーターとして働くために必要不可欠な資格や免許はありません。そのため、フードコーディネーターとして働くために料理の専門学校に通う人もいれば、一般の学校を出てプロのもとでアシスタントをしながら経験を積んでいく人もいます。そういった意味では、誰でもなれる仕事といえますが、必要不可欠な資格や免許がない代わりに、実力社会でもあります。また、フリーランスとして働く場合には、実力だけではなく仕事をもらうための営業力やコミュニケーション能力、人脈も必要になります。どちらにせよ、フードコーディネーターとして働くためには、その業界に入って少しづつ経験を積んで学んでいくことが大切です。

フードコーディネーターの資格

フードコーディネーターとして働くために必要な資格はないと述べましたが、フードコーディネーターの知識やスキルを証明するための資格は存在します。代表的な資格の1つが、日本フードコーディネーター協会が実施する「フードコーディネーター資格認定試験」です。フードコーディネーター3級からフードコーディネーター1級までのレベルがあります。3級は、フードコーディネーターの入門レベルの知識が求められ、1級ではプロのフードコーディネーターとして活躍するための知識が求められます。試験の申し込みは、ホームページから願書を手に入れたあとに必要事項を記入して提出することで完了します。フードコーディネーター資格は、実力のあるフードコーディネーターとしての証明書として使えるので、企業に就職するときやフリーランスとして仕事をもらうときにも、チャンスをつかみやすくなります。

専門学校に通おう

フードコーディネーターになるための手段はいくつかありますが、その中でも専門学校に通ってフードコーディネーターを目指す方法が人気です。調理師を目指すために調理師専門学校に通うように、フードコーディネーターになるためにフードコーディネーターの専門学校に通うことができます。フードコーディネーターを目指すためだけの専門学校もあれば、数あるコースの中にフードコーディネーターコースを設けている専門学校もあります。専門学校に通うことで、プロの講師から専門的な知識を教えてもらうことができるので、効率的に学ぶことが可能です。専門学校によっては、フードコーディネーター資格取得のための授業を行っているところもあります。卒業までに資格を取得することができるので、就職でも有利です。このことから、専門学校に通うことはフードコーディネーターになるための近道といっても良いでしょう。

フードコーディネーターとして働くために

食のプロフェッショナルとして活躍できるフードコーディネーターですが、どのような人がフードコーディネーターに向いているのでしょうか。フードコーディネーターに向いている人の特徴もチェックしておきましょう。

フードコーディネーターに向いている人

  • 食に対する関心や興味が強い人
  • 食を通して人を喜ばせたい人
  • 相手のニーズを汲み取り適切に表現できる人
  • 常に新しいことを勉強できる人
  • 積極的に行動し良好な人間関係を築ける人
広告募集中